庭について

庭の経年変化

現場が完成してお引渡しを行うことが常なのですが、

「特に植栽を行った現場は、ここからが第二のスタート」との事。

 

「完成品だけど未完成…と、一見矛盾しているような表現ではありますが、

実際引き渡し直後から変化していきますので良くも悪くも始まりだと考えております。

植栽の時点で木々の成長を加味しているので、時々剪定するなど手入れを通して、

木々を庭の完成に近づくよう躾けていきます。

木々が育っていくこと…ある意味’庭の成長’を見守るのはとても楽しいもの。

剪定を通して庭のルールを樹木に教えていくのが我々造園家の役割だとも思っております。」

と代表は語ります。