top of page

竹垣

竹垣には「透かし垣」と「遮蔽垣」という2つの種類にわけることができます。

この2種類からさらに、竹の使い方や用途によって名称が細かく分かれていきます。

【透かし垣】

・透かし垣は竹と竹の間に隙間があり、向こう側が見えるようになっている竹垣です。

・四つ目垣・金閣寺垣・竜安寺垣・光悦寺垣などがあります。

・透かし垣の名の通り、透けているので目かくしとしてではなく、空間に風情を持たせながら仕切るといった用途で

使用されます。

【遮蔽垣】

遮蔽垣(しゃへいがき)は、竹が隙間なく並べられた、垣の間が透けていない垣のことをいいます。

目かくし効果が高く、家の周りの囲いとして使用されることが多い竹垣です。

遮蔽垣にも種類があり、建仁寺垣やみす垣・大津垣・清水垣があります。

P4280031.JPG
bottom of page