庭について

剪定について

庭の管理の上で一番大事なのが’剪定’です。

木を育て管理し、それによって木の将来が変わってきます。

本来木は’自分の形に勝手に伸びるもの’…と代表は語ります。

例えば、森に生える木々は人に切られることはなく、自然競争的に伸びていきます。

また自ら枯れ枝を作り、枝を落とすことで、ある意味木自身が’自ら剪定を行い’

本来の形を保ちながら成長の循環を繰り返していきます。

我々も木々の成長を見越しての剪定・更新作業を行う必要があります。

育った枝を抜いて下の枝を育て、またそれを数年後に繰り返す…すべてが計画的でなければなりません。