雪吊り 冬囲い

01 雪吊り

冬囲いは樹木を雪害や寒風害から守る為の養生で、雪吊りは雪による枝折れを防ぐ為雪の多い地域では松に多く行われます。
豪雪地方では、柱から降ろした吊り縄を直接各枝に結びつけ雪の重みから枝を守る「リンゴ吊り」など、実用的な吊り方や余り雪の降らない地方では、鑑賞を目的とした修景物としても用いられる「化粧雪吊り」などがあります。

こちらは柱から降ろした吊り縄を各枝や下枝に結び付けた竹や割り竹などに結びつけます。この雪吊りは円錐形の美が特徴です。